遺言

igonsyobana.png

遺言書について、その種類、書き方、保管方法や執行などを下記にまとめました。

 

遺言書が必要な理由

遺言書を残していない場合、民法によって法定相続分が残された遺族達の相続に定められています。

しかし、「遺産分割協議」によって別の定めをすることも出来ますので、遺言書がない場合、法定相続人たちが争いの争続をしてしまうということも考えられます。

そのような、身内、親族との争いの相続をさけ、円満に解決するために遺言書の作成が有効となります。


遺言書を作成し、自分の意思を明確に相続人たちに伝え、自分が残した遺産で相続人たちが争わないようにすることが大切です。


まさか自分の家族はそのようなことないよと思っている方、ご注意ください!

実の兄弟でも、親の遺産を巡って争いになるということはよくあります。


また遺言により、相続人の相続分が多かったり少なかったりすることがありますが、その理由や、自分の思いを伝えることで、相続人に理解してもらえることも多いのが現実ですので、遺言書の作成が必要なのです。

自分の思いを遺言書に盛り込むことを「付言を入れる」と言います。


このように遺言書があれば遺産相続の手続きもスムーズに行われますが、遺言書がなければ相続手続きが中々進まず、遺産分割を巡って争いになることもあり、相続人の負担も大きくなりますので、遺言書はとても重要なのです。


私どもは遺言書の作成に関して、相続を専門に扱っている司法書士ですから、アドバイスを行うことができます。

相続専門の飯能日高相続遺言相談センター(あおぞら司法書士事務所)に安心してご相談ください。

遺言書に関するさらに詳しい情報は、下記コンテンツをご覧下さい。


「遺言」に関して詳しくはこちら

kontentu.png

>> 遺言の種類

>> 遺言書の書き方

>> 公正証書遺言

>> 遺言書の保管と執行

>> 遺言のQ&A

>> 遺言の失敗事例



ImgTop8.jpg

ImgTop9.jpg

 

飯能・日高で私どもが選ばれる理由

地元・飯能・日高に根ざした告知活動

私達は、飯能・日高の人々を大切にしたい。飯能・日高の人々の悩みごとを一つでも多く解決したいと常々考えております。

司法書士として、皆様のお役に立てることの一つとして「遺言」が挙げられるかと思います。遺言のお手伝いをさせていただくなかで、遺言の皆様のお役に少しでも立てればと思っております。

そのための第一歩として、当事務所を多くの人々に知っていただくために、積極的に告知活動を実施しております。当HPの立ち上げや無料相談会も実施しております。

飯能・日高の人々のお役に少しでも立てるように、事務所一丸となって尽力いたします。

スタッフ5名を抱える事務所

遺言は、早期の解決を求められる事柄です。

そのため当事務所では、5名のスタッフを有しています。

スタッフは遺言の専門知識あり、経験豊かです。

一人で悩まず溜め込まず、飯能・日高の皆様はまずはお気軽に遺言に関してご相談ください。